日本語 English

トマト

トマトの病気、トマト、トマト黄化葉巻病、タバココナジラミ、高温性ピシウム属菌、ペピーノモザイクウイルス、植物病、植物病検査、検査サービス

私たちの食卓に欠かせない存在となっているトマトは、農作物の中でも出荷量が上位にランクしており、多くの農家で栽培されています。栽培されている数が多いという事は、それだけ病気のリスクも高くなります。トマトは病気の数も多く対策もそれぞれ異なるので、病気になったトマトの原因を確かめる事は感染を広げない為にも有効な手段となります。ニッポンジーンでは、トマトの病気の原因を高感度に検査する遺伝子検査キットを豊富にラインナップしています。

トマト黄化葉巻ウイルス

(TYLCV : Tomato yellow leaf curl virus

  • トマトなどのナス科植物に感染する植物ウイルス
  • タバココナジラミが媒介
  • 感染したトマトは早期に見つけて廃棄する事が重要!

トマト黄化葉巻ウイルス(TYLCV)は、1990年代半ばに日本国内に侵入したトマト黄化葉巻病の原因ウイルスです。トマト黄化葉巻ウイルスが感染したトマトは葉の黄化や萎縮による生育不良を起こし、その結果、トマトの収穫量が減少します。
現在、様々なウイルス防除対策が講じられていますが、ウイルスを媒介するタバココナジラミが非常に微小な害虫であり、発見・駆除が困難であることから、被害は拡大の一途をたどっています。
難防除病害である為、タバココナジラミを駆除し、早期に感染株を特定して廃棄するなど早期防除対策が必要です。

検査キット

トマト黄化葉巻病診断キット

TYLCV Detection Kit

本製品は、トマト黄化葉巻ウイルス(TYLCV)が存在するかどうかを検査、判定するためのキットです。きわめて感度の高い方法(LAMP 法)を利用していますので、トマト黄化葉巻病の早期発見、防除対策に有効です。トマト黄化葉巻病診断キット Ver.2 は、検査溶液を増量することで従来製品よりもさらに取扱いやすく、結果を判別しやすい使用方法に改良されています。

tokucho

シンプルでスピーディーな使用方法

トマトやタバココナジラミを爪楊枝で突き刺し、検査溶液に浸して60~65°C で 1時間温めるだけで検査ができます。

きわめて高感度な検査

少量のウイルスからでも正確な判定ができます。

明確な判定方法

判定は蛍光の発色を採用していますので、簡単に陰性、陽性を判断できます。

さらに便利なキットを新発売!

従来製品の検査溶液を増量したトマト黄化葉巻病診断キット Ver.2 は、さらに取扱いやすく、判別しやすいキットです。

価格表
品 名 Code No. 包装単位 価 格 備 考
トマト黄化葉巻病診断キット NE0011 50テスト用 33,300円 従来品
トマト黄化葉巻病診断キット Ver.2 NE0021 10テスト用 33,300円 Ver.2

製造元:(株)ニッポンジーン |
販売サイト:e Genome Order   表示価格は希望納入価格 (税別) です。

検査受託サービス

トマト黄化葉巻病検査サービス

LAMP法を用いた植物病検査サービス TYLCV Detection

本サービスは、お客様よりお送り頂きました「トマトの葉」(検体)を「トマト黄化葉巻病診断キット」を用いて遺伝子検査によってトマト黄化葉巻病ウイルス(TYLCV ; Tomato yellow leaf curl virus)の有無を検査するサービスです。本サービスは、(株)ニッポンジーン マテリアルにて検査を実施いたします。

tokucho

トマトの葉(検体)をお届けする専用容器に入れて送っていただくだけ。きわめて高感度な検査です。

価格表
品 名 Code No. 包装単位 価 格
トマト黄化葉巻病検査サービス NE3523 10 検体用 50,600円

製造元:(株)ニッポンジーン(検査実施(株)ニッポンジーン マテリアル) |
販売サイト:e Genome Order   表示価格は希望納入価格 (税別) です。

FAQ
トマト黄化葉巻ウイルスには多くの系統があるが、どれでも診断できますか
現在日本国内で発見されている愛知系統、静岡系統、長崎系統、土佐系統の全てを診断できるように設計されています。
愛知系統、静岡系統、長崎系統、土佐系統の区別は可能ですか
全てを一様に検出するように設計しておりますので区別はできません。愛知系統、静岡系統、長崎系統を区別する方法については別途ご相談ください。
感染直後でも検出できますか
感染後、少なくとも10日間経過していれば確実に診断をおこなうことができます。
どのようなタイミングで使用すれば良いですか
圃場においてトマト黄化葉巻ウイルスの感染が疑われる場合や、苗を定植する前に使用してください。

タバココナジラミバイオタイプQ

  • 植物ウイルスを媒介する昆虫
  • 農薬に対して抵抗性を持つ
  • 見た目じゃ分からないので、遺伝子検査を!

タバココナジラミは、野菜・花き等の重要害虫であり、トマト黄化葉巻ウイルスを始めとする植物病害ウイルスを媒介する昆虫です。
タバココナジラミは複数のバイオタイプに分類され、国内では従来系統(バイオタイプ JpL)の他に、バイオタイプB(シルバーリーフコナジラミ)とバイオタイプQの発生が確認されています。
バイオタイプQは、バイオタイプBに対して効果の高かったピリプロキシフェン剤、ネオニコチノイド系剤、合成ピレスロイド系剤への感受性が低い薬剤抵抗性個体群であるため、バイオタイプQに対して有効な防除対策を講じる必要があります。
両バイオタイプは外部形態による識別が不可能である為、遺伝子型による検査が有効です。

検査キット

タバココナジラミバイオタイプ Q 検出キット

Bemisia tabaci Q biotype Detection Kit

本キットは、LAMP法を利用してタバココナジラミのバイオタイプQを検出するキットです。LAMP法によりタバココナジラミDNAの一部を増幅し、増幅の有無からタバココナジラミのバイオタイプを判定します。検出に必要な操作は、①タバココナジラミ1頭をキットに添付のWF磨砕液を用いて磨砕した後、②その溶液を検査溶液に添加して60°Cに1時間保温するのみであり、極めて簡便です。

tokucho

抽出から検出までを備えたキット

DNAの抽出から検出までの一連の操作を本キットで行うことができます。

シンプルな使用方法

DNAサンプルを検査溶液に添加して60°Cで1時間保温するだけで検査できます。

明確な判定方法

検査溶液の蛍光発色の有無により判定を行いますので、簡単に陰性、陽性を判別できます。

検査環境の汚染リスクを低減

電気泳動などの操作による汚染の心配がありません。

価格表
品 名 Code No. 包装単位 価 格
タバココナジラミバイオタイプ Q 検出キット NE0061 12 テスト用 17,200円

製造元:(株)ニッポンジーン |
販売サイト:e Genome Order  表示価格は希望納入価格 (税別) です。

タバココナジラミバイオタイプ Q 検出キット FAQ
トマト黄化葉巻病およびタバココナジラミの発生状況はどのようにしたら分かりますか
各都道府県および市区町村、公的農林水産試験場、JA などから常に最新の情報を入手してください。
タバココナジラミの駆除用薬剤はどこで調べれば良いですか
独立行政法人農薬検査所ホームページ、農林水産省農薬情報ホームページ、各種種苗会社、農薬会社などから情報を入手してください。

高温性ピシウム属菌

  • 養液栽培施設で大きな被害を及ぼす恐れがある病原菌
  • 気温が高くなる時期の栽培には特に注意が必要
  • 定期的な培養液の検査で未然に被害を抑えられる!

ピシウム属菌は、土壌栽培や養液栽培において植物の苗立枯れや根腐れを引き起こす病原菌として防除の対象となっています。ピシウム属菌の中でも、38℃程度の高温条件下で生育できるピシウム属菌は“ 高温性ピシウム属菌 ”と呼ばれ、養液栽培において水媒伝染病の原因として大きな問題となっています。
高温性ピシウム属菌には、ピシウムヘリコイデス(Pythium helicoides)、ピシウムミリオタイラム(Pythium myriotylum)、ピシウムアファニデルマタム(Pythium aphanidermatum)の3種類がおり、植物によって病原性を示す菌がそれぞれ異なります。
養液栽培施設では、培養液によって高温性ピシウム属菌が施設全体に蔓延する恐れがありますので、気温・培養液温度の管理と併せて、定期的な培養液の検査をお勧めします。

トマト根腐病の萎凋症状

トマト根腐病菌により水浸状に腐敗した根

「写真提供:三重県農業研究所」

エゴマ種子で作成した「エゴマトラップ」

ピシウム属菌は、エゴマ種子に集まる特性を持っています。その特性を利用して、エゴマ種子で作成した「エゴマトラップ」を養液栽培施設内の任意の場所(養液タンクや栽培ベッドなど)に設置し、集まった高温性ピシウム属菌を遺伝子検査によって検出します。

万一、高温性ピシウムが検出された場合は、「養液栽培における高温性水媒伝染病害の安全性診断マニュアル」に従って適切に対処してください。

検査キット

高温性ピシウム属菌プライマーセット

LAMP Primer Set for Pythium

本製品は、LAMP法用DNA増幅試薬セット-動物種・植物病検査専用B-と組み合わせて使用する、高温性ピシウム属菌検出用のプライマーセットです。

tokucho

高温性ピシウム属菌検出用のプライマーセット

LAMP法用DNA増幅試薬セット-動物種・植物病検査専用B-と組み合わせて使用し、検体中に標的の高温性ピシウム属菌が存在するかを判定するためのプライマーセットです。

簡便かつ迅速に標的の高温性ピシウム属菌を検出

鋳型DNAと試薬を混合し、一定温度(65~68℃)で60分間インキュベーションするだけで、高温性ピシウム属菌を検出することができます

簡易な検出が可能

増幅反応の副産物であるピロリン酸マグネシウムの濁度を測定することにより、増幅の有無を確認できます(エンドポイント濁度測定装置 LT-16を使用)。また、LAMP法用DNA増幅試薬セット-動物種・植物病検査専用B-の検出液の使用で、目視による簡易的な検出も可能です。

価格表
品 名 Code No. 包装単位 価 格
高温性ピシウム属菌プライマーセット 1 -ピシウム ヘリコイデス- NE1011 48テスト用 35,000 円
高温性ピシウム属菌プライマーセット 2 -ピシウム ミリオタイラム- NE1021 48テスト用 35,000 円
高温性ピシウム属菌プライマーセット 3 -ピシウム アファニデルマタム- NE1031 48テスト用 35,000 円

製造元:(株)ニッポンジーン |
販売サイト:e Genome Order  表示価格は希望納入価格 (税別) です。

ペピーノモザイクウイルス

(PepMV : pepino mosaic virus

  • トマトなどのナス科植物に感染する植物ウイルス
  • 日本に居てはいけない植物ウイルス
  • 国内に持ち込まないように水際で食い止める!

ペピーノモザイクウイルス(PepMV)は、トマト、ジャガイモ、ペピーノ等の主にナス科植物に感染が報告されているポティウイルスに分類される植物ウイルスです。
トマトに感染した場合、果実へのモザイク症状、成熟の遅延等が見られ、トマトの品質低下に繋がります。感染経路としては、汚染種子による種子伝搬や農作業等による接触伝搬が報告されています。
ペピーノモザイクウイルス(PepMV)は検疫有害植物に指定されており、国内に持ち込まれた場合、トマト栽培において多大な被害をもたらす極めて重要な植物病原体です。

検査キット

植物病検査用LAMPプライマーセットシリーズ PepMV

ニッポンジーン 植物病院® シリーズ

本品は、ニッポンジーン 植物病院® シリーズの植物病検査用LAMPプライマーセット専用RNA増幅試薬と組合せて使用するPepino Mosaic Virus (PepMV) 検出用のプライマーセットです。
LAMP 法は迅速、簡便なDNA 増幅技術であり、その優れた特異性と高い感度を最大の特長としています。

価格表
品 名 Code No. 包装単位 価 格
植物病検査用LAMPプライマーセットシリーズ PepMV NE1081 48 テスト用 35,000円

製造元:(株)ニッポンジーン |
販売サイト:e Genome Order  表示価格は希望納入価格 (税別) です。